弘前大学医学部 石橋恭之

◆石橋恭之先生のプロフィール

石橋恭之先生は、1988年に弘前大学医学部医学科、1992年に弘前大学「医学研究科解剖学を卒業した後は、整形外科学の専門家として多くの患者さんの治療と症状の改善に貢献してこられました。多忙の中でも、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会と日本臨床バイオメカニクス学会の評議員を務めるなど、多方面で活躍してこられました。整形外科分野における石橋恭之先生の貢献は多大で、今も後進の視度と育成に全力を傾けておられます。

 

◆石橋恭之先生の治療レビュー

幅広い分野で活躍されてきた石橋恭之先生は、大学教授として教鞭を執る中でも数多くの治療実績を重ねてこられました。今回は、石橋先生と治療診断してもらった患者さんの声を届けて同じ病に悩む人の励みにできればと思います。

 

「ずっと膝の部分に痛みを感じていたので、病院に行って診てもらったところ、変形性膝関節症と診断されました。だいぶ症状が進行して、手術したほうがいいと勧められたので、外科治療で変形した部分を治す治療法を選択しました。手術を勧めてくれたのも、執刀を担当してくれたのも石橋先生です。結果として、先生の言うとおり手術をして状態がよくなったので、よかったと思います。それまでは靴下を履くのも苦労していたのに、手術をしたおかげで日常生活を普通に送れるまで改善しました。先生には本当に感謝です」