慶應義塾大学病院 松本守雄

◆松本守雄先生の変形性脊椎症での受診レビュー

母も結構な高齢で、最近腰が痛く三十分もたたないうちに動けなくなってしまうほどの腰痛持ちでした。とうとう動けなるほど痛みが激しくなったため慶應義塾大学病院にいきました。

松本守雄先生に担当していただき、診察によると、変形性脊椎症とのこと。

加齢などによって弾力性を失って潰れたり変形してしまい、椎間板がてつぶれてクッションの役割を果たさなくなってくると、背骨の椎体同士がぶつかったり椎間関節がすり減るといったことが起こるようになります。それが刺激となって骨を修復する働きが過剰になり、骨棘(こつきょく)というでっばりができてしまうことで椎骨が変形してしまいます。そして、この骨棘が神経を圧迫することによって痛みが生じる。

脊椎の中には中枢神経である脊髄が通っていて、脊椎によって守られています。さらに、脊髄から直接出ている太い神経を神経根と呼び、脊髄から分かれて椎骨の下を通るようにして分岐しています。脊椎の変形によって脊髄や神経根が圧迫されるようになると、痛みだけでなく、しびれや運動障害などの様々な症状を起すとのことでした。

 

しかし、手術なしで治るとのことでしたので安心しました。

先生の治療のおかげで痛みはウソみたいになくなったと母も喜んでいます。

また何かあったら松本守雄先生にお願いしたいと思います。

 

慶應義塾大学病院 松本守雄先生の経歴

1986年 慶応義塾大学医学部卒業

1999年 U.S.A・オルバニー医科大学に留学

慶應義塾大学医学部整形外科 脊椎・脊髄診療班 運動器機能再建・再生学講座助教授

2015年 慶應義塾大学医学部整形外科学 教授

免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業

関節リウマチの頚椎・上肢機能再建に関する研究協力

明治大学理工学部の相沢守・助教授と上智大学の研究チームで本人の細胞を培養して立体的な形の人工骨を作る技術を開発。

専門

脊椎・脊髄外科、(主に腰椎ヘルニア)

生体材化学(人工骨研究)、側弯症、変形脊椎再建、低侵襲脊椎手術

日本整形外科学会認定整形外科専門医

日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医

日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医

日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です