愛媛大学附属病院 三浦裕正

◆三浦裕正先生のプロフィール

 

三浦裕正先生は1982年に九州大学医学部を卒業され 、1997年に九州大学医学部附属病院の講師として入局されました。2008年には医学研究院准教授に着任、2010年には愛媛大学大学院医学系研究科運動器学教授に就任されています。2012年に愛媛大学附属病院副院長、2015年には病院長に昇任されてからも愛媛県民に愛される病院づくりに注力されています。「現状維持は後退である」というモットーを掲げ、よりよい医療の追求に日夜取り組まれる一方、その「実はお茶目」というその人柄も人気を集めています。

 

◆三浦裕正先生のレビュー

 

三浦先生は愛媛大学病院にて整形外科を担当されています。日本製外科学会スポーツ医でもあり、スポーツの怪我にも幅広い知識をお持ちです。三浦先生の診療を受けた患者さんからの診療レビューを見てみましょう。

 

ゴルフで右膝を痛め、スイングに力が入らなくなってしまいました。診てくれるいい先生を探して、紹介状をもらいお会いしたのが愛媛大学病院の三浦先生だったのです。流石はスポーツドクター、ゴルフでの肉体運動を理解して痛みの原因を的確に説明してくれました。みるみる痛みは引き、今は問題なくプレイしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です