群馬大学医学部付属病院 高岸憲二

◆高岸憲二先生のプロフィール

 

高岸憲二先生は1975年に九州大学医学部を卒業されました。現在は群馬大学医学部付属病院の教授として整形外科学をご担当されています。スポーツドクターとしても評価が高く、県内高校球児へのメディカルチェックや、群馬県をホームとするJ2サッカーチーム「ザスパクサツ群馬」のチームドクターも行われています。治療法の選択肢の中から患者さんの状態、症状に合わせたものを選び、スポーツ、日常生活に早く復帰出来るような治療で多くの患者さんから信頼を得ています。

 

◆高岸憲二先生のレビュー

 

体を酷使するアスリートは常に肉体のトラブル隣り合わせです。高岸先生はこれまで多くのアスリートたちを救ってきました。先生の手により健康な体を取り戻し、スポーツに復帰することが出来た患者さんから先生へのレビューが届いていますので耳をかたむけてみましょう。

 

サッカーの試合中、相手チーム選手との接触で倒れ、膝をひねってしまいました。評判のいい先生として監督から紹介してもらったのが高岸先生でした。怪我の状態をすぐに理解し、適切な治療を施してくれたのは流石という感じでした。おかげで程なくして、練習に復帰することが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です